Simon Webster

R Link Ltd 会長 兼 ESMS Global Limited取締役 兼 Vonzeo Capital諮問委員会メンバー

 

1995年にサーチファンド(アメリカ以外で初、世界で5番目)を通じてイギリスのヘルスケア企業であるRSL Ltd.を買収し、CEOに就任。既存事業の成長と買収を通じて、10年間で売上を10倍、EBITDAを6倍に成長させた後、2007年にCEOを退任。

 

2社の企業再生に携わり、100万ポンド以上の赤字企業の黒字転換に成功した実績を持つ。

 

IESE、INSEAD、London Business School、さらに最近ではJudge Business Schoolでの活動を通じて、アメリカ以外におけるサーチファンドモデルの普及拡大を支援してきた。IESE International Search Fund Centerの諮問委員会議長であり、IESEのInternational Search Fund Conferenceの運営を支援する。最近では第一回European Search Fund Investor Conferenceのミュンヘンでの開催を支援した実績を持つ。SimonはINSEADにEntrepreneur in Residenceとして任命され、現在はCambridge UniversityのJudge Business Schoolで教鞭をとっている。

 

サーチファンドを検討している学生を指導するとともに、世界中で35件超のサーチファンド投資も行なっている。彼はR Link Ltd(R Healthcare)の会長、ESMS Global Limited(製薬部門にサービスを提供する契約研究機関)の取締役、サーチファンドのファンドオブファンズであるVonzeo Capitalの諮問委員会として活躍。多くのサーチファンドの非常勤取締役も務める。

 

MBA, London Business School

Bachelor, Nottingham City University